スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城センターの現状とご支援のお願い

いろいろとご報告が遅れていて申し訳ありません。

今後はこちらのブログにて、茨城センターのこと、引き出した犬猫たちのご紹介を

してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



茨城県におけるH26殺処分数は 

犬1721匹(そのうち子犬の収容は1135匹、処分は719匹ワースト1)

猫2122匹


にものぼります。

昨年度、犬猫救済の輪では犬猫合わせ62匹の犬猫を引き取りました。
なぜ、川崎の犬猫救済の輪が茨城センター引き出し団体になったかという
経緯を少しお話しさせて下さい。

犬猫救済の輪ボランティアとして活動して10年になります。
そして3年ほど前に茨城県へ転勤してきました。
犬猫の殺処分の多さに愕然としました。その現状を結代表も
気にかけて下さって、登録団体になって頂き

犬猫救済の輪で茨城のセンターの子たちを引き出し
里親探しを行っているに至ります。



私のわかる範囲でのセンターの現状を少しお話させて下さい。

毎日収容のない日はほとんどありません。

そして、登録団体さんで実際に引き出しをしてくれている団体さんは

県外が多いため、引き出し団体さんが運よくセンターへ

来庁し、目に留まれば引き出してもらえる、そんな現状です。

茨城センターの子たちだけでなく、団体さんは他のセンターからの引き出しも

しており、日々の忙しさはお伺いしなくても想像はできます。

ですので、頻繁に出向くことは難かしい状況だと思います。

ですので、なついている子たちも知られることなく処分されていることと思います。

あまりにも頭数が多いですから、どうすることもできない現実です。


殺処分はしたくはない、それは茨城センター職員さんたちも同じ思いです。

だから、公示に掲載されない放棄の子たちは即日処分にはできますが

今の茨城センターは処分回避のために犬舎・猫舎にスペースがあれば

即日処分にはしていません。


更に、ボランティアさんたちが譲渡しやすいようにと譲渡に回った子たちへの

ワクチン、避妊手術も始まっています。



センターへ出入りすればするほど、あの子も助けたい、この子も助けたいと

思ってしうのです。

どうしても見過ごすことができずたとえ救うことができなくても

あきらめたくない。


そこで、皆様にお願いがございます。

センター収容の子を1匹でも多く助けるために

ご賛同下さいます方がいらっしゃいましたら、ぜひ基金に

ご協力いただけないでしょうか?

精一杯、1匹でも助けられるよう
がんばってまいりますのでよろしくお願いいたします。


犬猫救済の輪ボランティア  小國



☆センタ君基金 ご協力ください

神奈川県川崎市に拠点を置く犬猫救済の輪は、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センターの登録譲渡団体です。昨年末より、新たに、茨城県動物指導センターの登録譲渡団体となり、ワーストと言われている茨城県の状況下で殺処分されていくおびただしい数の命の救出に着手致しました。
これまでと違うのは、神奈川県ー茨城県の遠距離での活動となることと、今までにないセンター収容頭数の多さです。
愛護団体が、センターから引き出すことは特別なことではありませんが、今回の茨城県動物指導センターからの救済活動は、遠距離を結ばなければならないこととワーストと言われている収容頭数の多さから、特別な体制で臨まなければ、継続は不可能です。

そのため、センター収容動物引出に伴う活動費用 <センタ君基金> のご支援をお願いさせていただくことに致しました。
茨城県動物指導センターへの往復が頻繁に必要となります。収容動物搬送交通費(高速代・ガソリン代)と医療費(引出後の検査全般・不妊手術・マイクロチップ等)に充てさせていただきます。
ご支援ご協力を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。

早々ながら、センターで目にする命の多さに、そのひとつでも多くの命を救い出すことが優先され、ブログの作成等が追いつきません。引き出された犬猫の報告等も、行ってまいりますのでもうしばらくお時間を下さいませ。


支援金振込先 郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(センタ君基金)と明記下さい。
尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (センタ )とご入力下さい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。