スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月4日センター引き出しのご報告

10月4日、茨城県動物指導センターに行ってきました。

6月以来の訪問です。

里親会ボランティアえむより、当日のご報告をいたします。


いつものように、16時にセンター到着です。

この日は、すでに何匹か収容されたとのことで、

センター獣医さんと早速施設の建物へ・・・






【いましたー。。1ヶ月弱くらいでしょうか】



【こちらは1.5ヶ月くらいの仔猫たち。野良ちゃんのようです。いっぱい空気砲頂きました(しくしく)】

【こちらはまた別の2匹。職員さんにもらったウェットフードをわき目もふらず、食べていました】



【ミルク猫ちゃんも・・・眼は開いているので、2週目弱でしょうか。痩せていますが元気あります。】



【こちらは今回一番状態が良さそうな子たち】


程なくして、最終の回収車が戻ってきました。



【さらに小さいミルク猫たち】




【みんなみんな、段ボールに入ってやってきます】



【ここはどこ・・・】


この日の収容は、最終的に、22匹にも上りました。

「全員、引取りましょう」と代表の力強い言葉に、22匹の引き出しが叶いました。

22匹の中から引き出す子を選ばなくてはいけないという苦悩をせずに・・・ありがとうございます。


その後、負傷成猫の猫舎や犬舎を見せて頂き、手続きを済ませ・・・

職員さんにも帰り際、「幸せになってね」って声を掛けてもらった仔猫たち。
さあ、帰りましょう!!





幸せになりましょう!!


チビたちも!!


その前に、ミルクとおしっこ・・・

あたりは暗くなってきてしまいました。



【10匹とも、よく飲んでくれました。川崎までの道中、一安心です。】



【猫を持ち込んだであろう方がひいた布をみると、何とも言えない気持ちになります…】


この時点で18時ちょっと前。

今日は、重篤な体調の猫さんはいないので少し安心ですが、急いで帰ります!


・・・余談ですが、移動中、ちょっとでもブレーキを踏む度に「ピエエエエ~」と鳴く繊細な(?)子がいて、

かなり笑わせてくれました。誰だったのだろう(笑)



【19時50分、TNR日本動物福祉病院、到着!】



【早速獣医さんに、1匹ずつ受け入れをしてもらます。まずは、体重測定。】



【か、かわいい…】



【性別確認をしてもらって・・・】



【フロントラインスプレーでノミを落とし・・・】



【一旦、休憩】


この間に、他の先生が、お部屋を整えてくれます。



【ミルクちゃんたちも、同様のステップを踏んで・・・】



【やっと段ボールから脱出です】



【そしてふかふかのキャリーケースのおうちに入り・・・】



【これからお世話になる、ミルクボランティアさんにバトンタッチ!】


今回は、2人のママさんに5匹ずつお願いします。

ママさんたち、迎えに来てくれました。

【センターで見てた時は、状態が良いと思っていましたが、手を怪我している子がいたり。】



【まだ、目が開いていなかったり(あとちょっと!)】


ミルクボランティアさんたちは、これから気が抜けない大変な2ヶ月を送ることになります。

本当に、感謝感謝です。


ちょっと大きな子も、川崎に着くまでの数時間で、目がこんなに悪化したりします。

仔猫は本当に、か弱い生き物です。

でも、目薬たった1本で、きれいに治るんです。

【センターにて(16時半くらい)】



【TNR病院についた時・・・(20時くらい) もう目が塞がっています。】



【自分で食べられる子たちは、TNR日本動物福祉病院の猫舎へチェックイン】



【疲れたね。】



【お疲れさま。】


【体調整えて、】


【ずっとのおうちを探しましょう。】


22時、人間たち解散!


当日の宅急便でちょうど届いたご支援の養生テープや仔猫用パウチ、

早速使わせていただきました。

いつも必要なものを必要な時に支援して下さる皆様、ありがとうございます。


この子たちの幸せ探し、始まります。

里親会、頑張ります。

どうか、宜しくお願いします。


里親会で、お待ちしております。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。